不動産

【1人暮らしの虫対策】住環境から整えよう!

1人暮らしにおける虫対策及び駆除は、虫除け対策に対するおおまかな知識が必要です。そして、代表的なゴキブリの駆除については、殺虫剤を使用するよりも、ゴキブリが好きそうなものを排除することから始めましょう。

1人暮らしに必要なガード

虫からの防衛にはアタックから

虫からの防衛には、殺虫剤や忌避剤の塗布を行うことは、緊急時場合のみになります。

害虫に出くわした際に、よくあるスプレー型殺虫系をまく、という方法がありますが、
これは人体に危害のありそうな虫に対するものになります。

それ程までに害虫が巣づくっている家屋であるなら、
その害虫にとって、いいエサが大量にある可能性が高いです。

そしてそのエサ自体が、人間の食するものであったり、
人間の捨てるもので、害虫の捕食の標的になっている場合は、常時家屋内で虫に出くわす可能性が高くなっています。

ですのでまず、人体に危害がありそうな際は協力殺虫系でアタックを加えることが先決です。

虫を排除するには、虫のエサを取り除く事

虫の好むものは、人間の食する材料や、その食べこぼし、
ごみ箱の中ということがあります。
ですので、私たちが放置している人間の食生活自体を見直さなくてはなりません。

一番注意しなければいけないのは、「虫に取っても非常に高栄養のモノ」です。

もし、食卓に皿を放置するのであれば、簡易的な食膳蚊帳を置いておくなど、
虫がそれを目にしたり、周囲をうろついたりしないようにしましょう。

虫としては、普段食べているよりも、人間の食べているものが、高栄養であり、おいしいものであるのを知っているのです。

なので、虫の目につかないようにしてください。
虫はニオイに対しても敏感なので、ニオイが放散しないように、しっかりと密閉容器に食材をキープしておくことが重要になります。

一応、冷蔵庫の中は虫が入ってこないような形になっていますが、
その中でも密閉容器に入れ、冷気を加えることで、害虫からニオイで察知されないように気を付けます

虫というのは、家屋の外にいても、家の中になにか高栄養でおいしそうなものがあるということは、察知していますので、虫の視覚的・嗅覚的な動向を行わせないようにすることが先決です。

虫除けの概念は家の出入りを見ておくこと

虫を家に入れない方法

害虫というのは、家屋と外部の侵入経路を熟知しています。

これは、虫達が共同で探索することがあり、ルートの確認は常々行われています。

ですので、あけっぴろげな扉など、だれが見ても開いているような、ドア付近・窓付近は、どの害虫にも明らかだという形です。

そのために、ドアはこまめに閉めること、
そして、網戸などにも隙間をロックする機構のついたものを用意しておきます。

また、特に家屋の中の虫から見たエサの状態がいい場合は、ほんの小さな隙間をターゲットにして、ルート化している虫もいます。

ですので、家屋のどこから、虫が頻繁に出入りしているのか、一度確認し、
そのルートの隙間を埋めておくことが重要です。

虫は道路や井戸端を移動している

虫は道路や井戸端を徘徊しています。
通常外部の世界では、捕食を必要とする生活にとってたいへん難儀な世界であるので、家屋内で温存された状態に加え、エサが豊富であることが、害虫にとって大変好環境になっています。

ですので、道路上や井戸端に隠れている虫から標的とされないように、ガードをしっかりとしておきましょう。

虫としても、エサの取れにくい冬の時期や、家屋の内部であったかい状態は、最適環境として目にうつります。

ですので、その類の部屋の臭気がたまらないようにすることは重要ですし、
部屋の中をきれいにしておいて、無駄なものを置かないことが、虫の侵入経路を遮断する対策になります。

害虫にとって、生活環境のよくない外部の世界から、温暖でエサの豊富な家屋の様相という対比構造に、しっかりと遮断する意思と、方法が必要になるのです。
それは、害虫は害虫であり、駆除の対象となるれっきとした人間の忌避として、意識し、一切内部に入れない状況を作ることが大事です。

虫対策は生活感を持つこと

生活している雰囲気が虫を遠ざける

虫は、外部との空間通路をいつも熟知しています。
ですので、簡単に入れると思われたら終わりです。

つまり、きちんと生活環境を整えて、害虫から脅威と思われなくてはなりません。
不要なものを置かず、エサとなるような、腐食部類を一切家の中に入れないことを意識して下さい。

時には、そのような害虫と家屋内でぶつかるかもしれませんので、落ち着いてアタック系の殺虫剤をまいて、こちら側を脅威と見せましょう。

そして、その隙間を埋めて、忌避剤を使用して、その侵入経路を遮断します。
こうすると、害虫からは要塞には入れないという意識が働きますので、家屋内の環境を清潔に保つことが可能になります。

つまり、家屋内部をよく手入れし、不要なものは廃棄処分にして、一切害虫との連結性を排除することが大事なのです。

そしてゴキブリに関しても、エサとなるような腐乱物がいつも家屋の内部に留積しないように、部屋の掃除と片づけを常時行うようにします。

もし、家屋の外にごみ袋を仮置きするばあいは、しっかりと封をして、その中にも、忌避となるような、薬剤を巻いておくのも効果が高いといえます。

 虫に出くわさない方法は侵入経路を経つのが一番大事

結局物理的な侵入経路を塞いじゃうのが最も実践的、かつ効果的です。

どこから虫が入ったかをよく確認して、閉じる。
入り口出口には忌避剤をまいておくのが、最も良い対処法です。

あわせて読みたい
賃貸物件でのゴキブリ対策3つと出やすい環境今回は内容が内容なんで、せめて画像だけでも綺麗にしたい所存です。 1人暮らしではもちろん、絶対に遭遇したくない敵、ゴキブリ。 名...