居酒屋

日本酒デートするなら!中目黒高架下・「NODOGUROYA KAKIEMON」に行ってみた!

突然ですが、私ノドグロ大好き・牡蠣大好きなんです。

そんな訳で最近話題の中目黒高架下!
そこに「ノドグロ」と!
店名にも「ノドグロ」と!

下調べもせず行ってみました。

店員さんのハモりが気持ちいい


Instagramから引用

店の前に付くと解放されている腰窓から店員さん全員で叫んでる?(笑)声が聞こえてきて、とにかくお腹も空いてたので早々と店内へ。

席に着き、とりあえず生ビールを頼み

「お疲れ」

とグラスを合わせた瞬間!!!

 

店員さん全員「お疲れ様でぇす!!!!!!!」

 

店の外まで聞こえてきた声の正体はコレでした。ハモっててなんか気持ちいいの。

店員の皆様に労われるほど疲れてないけど、と思いつつ照れながら会釈しました。

とりあえず生ならぬ、とりあえず牡蠣


今回は宮城県の
「鳴瀬」
「志津」
「長面浦」
の牡蠣でした。
日によって産地が違うそうです。

私はタバスコをかけて食べるのが大好きなんですが、今回はレモンだけで頂きました。
いないですかね?タバスコかけて牡蠣食べる人。

お通しも牡蠣


まさに牡蠣づくし。

牡蠣祭り。

牡蠣の供給過多でした。

もちろん味は最高です。

下に敷かれているのは昆布なのだそう。
昆布と聞いただけで上品な味わいが一層深まった気がする位、私の舌は単純です。

ちなみに、

「この昆布は食べないで下さい」
と言われたのですが

一口食べました。

食べないことをオススメします。

のどぐろ、炙り棒寿司


Instagramから引用

あんだけノドグロ、のどぐろと騒いでいたのに中々酔っ払って写真取り忘れたので引用致しました。

目の前でバーナーで炙ってくれたんですが、

 

「これは私を温めてくれているのか….?」と明後日の思考を張り巡らせていました。

 

 

 

普通にエンターテイメントの一環だと思います。

 

炙られることによって表面に出てきたノドグロの脂が三日経っても口の中に残っています。

もちろん嘘ですが、口があの上品な脂を忘れません。

好きです。

牡蠣のなめろう


本当に、完全に、順調に酔っ払っていたのでしょう。

「牡蠣」の文字が見えていませんでした。

普通にアジのなめろうだと思っていました。

でもね!!!

気づけたんですよ、こんなヘベレケでも。

 

「ん~なんか苦くね?」(雑)と。

 

 

やはり私の舌はゴッドタンです。

 

苦み×苦みで、ビールが一層進みます。

 

 

ほっといても勝手に進むんですけど。

牡蠣好き・日本酒好きは行ってみた方がいいよ


Instagramから引用

今回は私はビールでしたが、私が座った席の後ろに日本酒がズラリと並んでいました。
どうやらセルフで注ぐようです。

 

あ~~牡蠣をアテに日本酒飲みてぇ!!!って時は是非。

 

中目黒の高架下、吞べぇカップルにはいいよ。